Dual SIM&Domain、PCIeを開放。サンドイッチ構造のスマート端末

Dual SIM & Domain

虹彩認証

大きな特徴として、Dual SIMとデュアルドメインに対応しているため複数のネットワークが設定可能。
虹彩認証を搭載。VPN+blockchainも組み合わせる事で、エンドツー エンドで高セキュリティーが実現できます。

A1Mobile PCIe bass

  

ユニークなサンドイッチ構造でPCIe bassも開放しているため、カスタマイズの可能性が無限大にあります。
スマートポート インターフェイスが統合され、スマートモジュールを組み合わせる事で、小ロットから新しい特殊なデバイス開発が可能です。

Raman Spectrometer

ラマンセンサーのラマンとは、ラマン分光法の事で、ラマン散乱光を用いて物質の識別を行う分光法です。

A1Mobileをベースにしたカスタマイズ端末から掃射する赤外線レーザーにより、物質から散乱されるラマン散乱光を検出し、高速で物質の分子構造同定や物性を識別する端末です。
ラマン端末で収集したデータを、クラウドAIエンジンでデープラーニングする事で、検出結果精度の向上が期待できます。
また、混合されている物質の比例識別も可能です。

用途として、原材料輸入、ロジスティックスや、製薬工場、医療現場、税関、警察など、様々なシーンで手軽に物質を識別できます。

Ultrasonic diagnostic apparatus

エコー端末は、超音波エコー測定用、プローブをモジュール化することで実現した、超音波測定端末です。 医師や看護師が、患者の超音波データを診断収集するのに役立ちます。

データーは、エム シー エス 経由で遠く離れた遠隔の専門家に同時に送信することができます。
専門家は、クラウドのAI機能を使用してデータを分析し、必要に応じて現場の医師にフィードバックすることができます。

VPN+blockchainと組み合わせる事によりセキュリティーが担保され、将来、救急医療や遠隔医療、また、災害時など活用用途が広がります。また、ラマン センサーと同様に、クラウドエーアイ連動で、データベースのデーターをディープラーニングさせ、そのデーターは、精度の高い判断材料になります。
今後、様々な種類の医療系モジュールの展開を、計画しています。

閲覧にはAdobe Readerが必要となります。
Adobe ReaderはAdobe社のウェブサイトより
無料でダウンロードできます。