HARIXは、クラウドロボットを操作するAI(人工知能)と、HI(ヒューマンインテリジェンス)を共存させた革新的なロボットコントロールができるプラットフォームです。
様々なロボットやデバイスと連携することで、多様なサービスが実現可能です。

HARIX
クラウドに繋ぐ事で大きな違いが出来るのが、クラウドマインズのソリューションヒューマン、オーグメンティド、ロボティクス、インテリジェンス、略称 HARIXです。

HARIXは、AIの回答率や回答タイムが悪かった時、ヒューマンオペレーターがAIに代わって、ロボットをコントロールするという仕組みです。

通常、ロボットの回答が可笑しくても、何も改善がされませんでしたが、ヒューマンオペレーターがやり取りを監視する事で、ロボットの回答を修正でき正しいコミュニケーションが期待できます。

同時に、オペレーターの回答をAIにフィードバックする事で、ディープラーニングが加速度的に早くなり、今後の対応の変化も期待できます。

 
HARIX

HARIXの特徴

特徴1
HARIXは、人間の操作をAI(人工知能)に統合する、ハイブリッドスキームを提供します。

特徴2
人と機械のオペレーターを組み合わせ、ディープランニングとAIの連携により高度な学習が可能となります。

特徴3
オペレーターはいつでも必要に応じて、優先してロボットの制御を引き継ぐことができます。

特徴4
HARIXは監視、IoT 制御、またはロボット把持などの効率的な遠隔操作サービスを提供することができます。

特徴5
クラウドロボットのオペレーティングシステムを搭載した各種ロボットと人工知能と人間知能の融合による画像認識、自然言語処理 、 遠隔機械制御、その他のAPIなどのAIサービスを提供します。

  • オペレータは、すべてのクラウドロボット動作を常に監視し、必要に応じてAIコントロールを無効にし、AIに変わってロボットをコントロールすることができます。

  • ・AR 技術と組み合わせることで、拡張された情報がビデオに直接表示されます。
    ・担当者のロボット操作を支援します。
    ・安全なロボットの動作を確保します。

閲覧にはAdobe Readerが必要となります。
Adobe ReaderはAdobe社のウェブサイトより
無料でダウンロードできます。