※現在、医療機器認定申諸準備中

様々なシーンの医療現場をサポートします

遠隔地にいる専門医に、リアルタイムで診断画像を電送できます

1.スクリーニング検査
すべての科の早期の判断およびスクリーニング検査が可能
2.回診
内勤医の病床での検査
3.治療
手術中の超音波のリアルタイム定位
4.妊娠
妊婦の超音波健診
5.救急
救急車上の診断
6.その他
移動医療現場
  • 妊娠検査
  • 健康診断
  • 緊急延命
  • 手術
  • 回診検査

クラウドマインズのスマートクラウド
超音波検査器が解決する製品のフレーム構造

【超音波測定器製品MU1パラメータ】

  • 1.システムの標準の構成には以下が含まれます
    ・タッチスクリーンとマルチタッチスによってキャンの深度を変更可能
    ・スキャン深度に基づいて送信周波数を自動で最適化
    ・組織特異性の画像は異なる組織システムを設定するとクリアな画質になります
    ・水平および垂直ディスプレイのデュアルディスプレイモードを搭載
    ・教材ソフト搭載
  • 2.測定と分析
    ・測定長さ、面積、周長、角度、IMT(自動測定)などのマルチタッチ操作による測定
    ・カスタマイズ可能な注釈:マルチタッチ入力と手書きテキスト入力
    ・注釈の音声入力
    ・ワンクリックで最適化が可能
  • 3.入出力信号
    ・USBポート経由のPCへの接続し、データ転送と充電が可能
    ・WIFIと3G経由のデータ転送(オプション)が可能
    ・QRコードのスキャンコードで画像を共有
    ・バックカメラの写真と超音波画像を同時に保存
    ・自動的にバックカメラの画像にIDを振り分ける機能(オプション)
    ・周囲の明るさに応じてディスプレイの明るさを自動的に変更可能
    ・Bluetooth接続も可4.画像管理
    ・記録装置
    ・内部ストレージ64G(オプション)、128G(オプション)、クラウド上に保存可能
    ・スキャンコード共有のケ一スレポート
  • 5.製品安全性能*安全保証充電できない環境では検査はできません
  • 6. 内蔵リチウム電池で、 ≧1.5時間の連続してスキャンすることができます

【技術仕様と要件】

  • 1.システム共通機能
    ・本体重量は0.6kg未満で持ち運び可能
    ・ディスプレイサイズ:6.0インチ
    ・ディスプレイ解像度 ≧720×1280
  • 2.プローブ仕様
    1)128アレイ素子ラインアレイ電子走査プローブ*(ラインアレイ、凸アレイ)
    2)動作周波数範囲:5-10MHz
    3)検出深度 ≦70mm
  • 3.機器仕様
    ・再生:階調画像再生最大 ≧1024フレーム
    ・設定条件:小さな器官、筋骨格、血管、表面等の異なるアプリケーションに最適化条件を設定しておくと、ワンクリックで検査条件を切り替え可能
    ・リアルタイムで診断時にクリップボードに画像を保存できます
    ・表示方法のコントロール:左右反転可能

閲覧にはAdobe Readerが必要となります。
Adobe ReaderはAdobe社のウェブサイトより無料でダウンロードできます。