TOP > ニュース一覧 > 「2019年ワールドロボットカンファレンス」に出展しました

「2019年ワールドロボットカンファレンス」に出展しました

 クラウドマインズは、中国・北京で8月20日から25日まで開催された「2019ワールドロボットカンファレンス(World Robot Conference)」に出展しました。期間中の来場者総数は30万にのぼり、クラウドマインズの出展ブースにも非常に多くのお客様がご来訪いただき、クラウドインテリジェンスロボットをご体験いただきました。

 この度の展示会では、5Gを見据えた最先端ヒューマノイドサービスロボット「XR-1」をはじめ、クラウドAIを活用したクリーニングロボットやパトロールロボット、スマートベンディング(顔・物体認証機能付き自動販売機)、バーチャルロボット「Cloudia」(2次元ロボット)をお披露目し、業界関係者の皆様の注目を集めました。

ginger.jpg ヒューマノイドロボット「XR-1」がお客様にコーヒーやぬいぐるみをお渡ししておもてなししました。

1.png

 23日にはクラウドマインズグループのCEOのBill Huangが講演に登壇し、超高速・低遅延の第5世代通信システムを活用した安全性の高いクラウドインテリジェンスロボットの展望とソリューションについて語りました。

 クラウドマインズのクラウドインテリジェンスロボットは広帯域・低遅延5G技術の特徴を遺憾なく発揮する5G時代のキラーアプリケーションです。

 これからのクラウドマインズの展開にどうぞご期待ください。